仏教説話

12月・お釈迦様の悟り

 お釈迦様は29歳の時、王子の位を捨てて出家しました。
それから6年、激しい苦行に打ち込みましたが、どうしても悟りを開けません。

「身を苦しめるだけでは、だめなのだろうか。」
悩んだお釈迦様は、ふと子供の頃、木の下で瞑想したことを思い出しました。
「あの時は心身が安らいで、物事がはっきり見通せた。そうだ、瞑想こそ悟りへの道だ。」

 お釈迦様は川で身を清めると、大きな木の下に座りました。
そして、「悟りを開くまでは、この席を立つまい。」と心に決めて瞑想に入りました。

 すると、やがて心の中に故郷の兵士が現れ言いました。
「今、わが国は戦争に負け大変です。すぐにお帰り下さい。」
妻のヤショーダラ妃も現れ、涙ながらに言いました。
「あなた、早く帰ってきて。」
お釈迦様は心が乱れそうになるのをじっとこらえ、瞑想を続けました。
すると、兵士も妻も悪魔に姿を変えました。
みんな、悟りを邪魔する悪魔の誘惑だったのです。

「しぶとい奴、では総攻撃だ。」
無数の悪魔がいっせいに襲いかかりました。
牙をむき、刀を振りかざす。

来る日も来る日も、死闘は続きました。
それは、心の不安、恐怖、そして宇宙のおおもとである渇愛(かつあい)とのすさまじい
戦いでした。

やがて、7日目の夜明け、魔軍はついに降伏し、霧が晴れるように消え去りました。

戦いは終わりました。

お釈迦様の心は静かでした。
渇愛の激しい流れは、澄んだ大海となりました。
そこに、世の中のあらゆるものの姿が映し出されました。

生まれ変わり、死に変わる人の一生。
長い長い星の一生。
生きとし生けるものが織り成すやむことなき動き。
ありのままに手に取るように見えました。

そして目を開き、明けの明星の輝きを見た瞬間、お釈迦様はこの上ない悟りを得たのでした。

時に、お釈迦様35歳。
12月8日の暁(あかつき)のことでした。

この後、お釈迦様は悟りへの道を説いて、人々に生きる勇気を与えたのでした。

                                     《-終-》